看護師の働き方!夜勤にもメリットがある

img-1

夜勤はしたくないという看護師の方も多いようですが、反対に夜勤があった方が良いという方もいるのです。



それだけ夜勤の看護師にはメリットがあるという事ですが、メリットとして挙げられるのはやはり給料が良い事ではないでしょうか。


深夜手当をもらう事ができますので、日勤だけの勤務よりも手取り額を多くする事ができます。



看護師は給料が高いというイメージがあり、日勤だけでも高給取りと思われるかもしれませんが、決して給料が高いという訳でもないようです。



むしろ労働内容の割には給料が安いところもあるようですので、待遇に関して不満を持っている方もいる事でしょう。その為、もっと手取り額を多くする為に夜勤を行うという方もいますし、多く稼ぎたいという方なら夜に働くのも良いかもしれません。


日中の活動が可能になるのもメリットの一つですね。



日勤専門の場合ですと、日中に自由な時間がなく、なかなかやりたい事ができない事もあるものです。



夜勤があると日中の休みがありますので、空いている時間帯にショッピングができたり、美容院や銀行へ行くなどの活動も行う事ができます。日中に自由な時間が欲しいという方からすればむしろ夜に働けるというのは好都合なのかもしれませんね。
このようなメリットがありますが、その一方で肉体的、精神的に負担が掛かるというデメリットもあります。

特に看護師はハードな仕事ですので、体力に自信がなくなってきた時には日勤のみの勤務ができる勤め先の方が安心と言えます。



関連リンク

img-2
男性看護師を夜勤専門とする働き方

総合病院の多くは、看護師の勤務体制は日勤と夜勤をシフトを組んで働かせる形が一般的です。しかしそのような働き方をしていると生活が不規則になり心身ともに重労働になります。...

more
img-2
夜勤専従という看護師の勤務形態のポイント

医療機関での夜勤専従という看護師の方の働き方は、他の勤務先や勤務形態と比較しても高給であるという理由から、人気の高いものとされます。とりわけ、短時間のみの勤務を希望する看護師の方の場合は、この夜間に限定した働き方が理想的なものとなるので、近年では勤務時間を短くしたいナースの高からのニーズが高まっているのです。...

more
top