男性看護師を夜勤専門とする働き方

img-1

総合病院の多くは、看護師の勤務体制は日勤と夜勤をシフトを組んで働かせる形が一般的です。



しかしそのような働き方をしていると生活が不規則になり心身ともに重労働になります。

そのために最近では夜勤専門の看護師を手当している病院も増えてきています。



一定の生活リズムを保持できるために働く上で不眠になったりすることもなく生活することができます。



夜勤の看護師の多くはアルバイト等で手当てするケースが多くありますが、なかなか人材を確保することができないために給与面で正社員並みにしているところもあり、また昨今、男性の看護師も増えてきたことから男性の夜勤として勤務するケースも増えてきています。



夜勤の場合には日勤よりも少ない人数で対応する必要があるために、体力がある男性が担当していた方が何かと便利なケースも多いのは事実です。
それを専門におこなうことで、ある程度の給与も保証されていることから生活して養っていくことも可能になっています。

男性の場合には結婚しても家庭に入るケースは少ないために、継続して勤務してもらうことが可能ですし、女性の場合のように出産等による退職や休職の心配もないことから長い間働いてもらうことが可能になります。



しかしそのような境遇にある病院は多いために、職場環境を競合する病院よりも良くして、条件面でも上回るものを提示して人材を確保する動きもあるために、より働きやすい条件を提示して長い間勤務してもらう努力を続けていくことが必要になります。



関連リンク

img-2
看護師の働き方!夜勤にもメリットがある

夜勤はしたくないという看護師の方も多いようですが、反対に夜勤があった方が良いという方もいるのです。それだけ夜勤の看護師にはメリットがあるという事ですが、メリットとして挙げられるのはやはり給料が良い事ではないでしょうか。...

more
img-2
夜勤勤務の看護師の状況

夜勤勤務は、特に病院としては患者さんが入院する施設がある事で、やはり様態の状況により看護師が対応する事となり、夜勤の状況もやはり様子を見たりする事が必要な状況である為、病院側としても3交代制度などで色々と看護師がシフト勤務としてそこで出勤する日を決めて、夜に働いたりする事など、その人の状況を考えて働ける人とそうでない人など、まずは希望を聞きながら仕事の状況を割り振る事も病院側として行っていく必要があります。こうして看護師の夜勤労働なども、以前は偏りのある状況で働かせて過労となったりする事もありましたが、今ではやはりしっかりとその辺りの所を考えて、病院などで負担のかからない様なシフトを組みながら看護師の働かせ過ぎには注意をする事が求められている状況となり、ましてや夜勤も、しっかりと交代制度を利用しながら、労働環境を良くする働きを考えて行く必要があります。...

more
top